Sample Image

疑問解決

インプラントは、一度手術を行いしっかりとメンテナンスをすれば、
非常に高い成功率を誇る最新技術です。

手術すれば、本物と見間違えるほど自然な歯で、
笑う時に人目を気にすることもなくなります。
また、自分の歯と同じように食べ物を噛むことが出来るので、
とても自然に過ごす事が出来ます。

ただし、医師の知識や腕が未熟な場合や、
受けた本人にメンテナンスの意識が薄い場合、
失敗する可能性も否めません。

失敗のリスクを減らすために、事前にカウンセリングや精密検査が行われます。
糖尿病などの持病がある場合は受けることが出来ないのですが、
その他にも手術が難しいケースや出来ないケースもあります。

骨移植とは?

一般的に、インプラントを行うには顎の骨が必要となってきます。

しかし、implantを受けようと思う方は、その部分の歯がないという事です。

歯がなくなると、顎の骨は弱体化していき、
長い間放置していた場合、骨がほとんど失われています。

implantに関してあまり技術の高くない歯医者ですと、
骨が残っていない場合は断られるケースが多いです。

しかし、implantに関して一定以上の技術を持つ歯医者の場合は、
『骨移植』『骨造成』によって必要な骨を増やすことが出来ます。

下顎枝やオトガイ部から採った自家骨や人工代用骨によって対応し、
自然な歯を手に入れることが出来ます。

18歳以下でも出来る?

私たちの歯は、18歳くらいの年齢ですとまだ成長している可能性があります。

そのため、18歳以下のimplantは断られるケースが多いです。

というのも、顎骨に埋入し固定するため、骨が成長途中の場合、
成長に合わせて不具合が出る可能性が高いのです。

喫煙者は?

タバコの喫煙は、自らの歯の寿命も縮めてしまいます。

同時に、Implantの成功率も下がり、
せっかく得たimplantの寿命まで縮めてしまうのです。

喫煙イコール矯正手術不可能というわけではないのですが、
長期間の禁煙が必要になることは覚悟が必要です。

特に、高度技術である骨移植などを行う場合は、
タバコを吸う方は断られてしまいます。

というのも、煙草は免疫機能を低下させたり、
唾液の分泌を妨げることで口内が不潔になりやすく、
口内の病気にかかりやすくなったりするのです。

煙草を吸う場合、治癒期間も長くなり、
更なるトラブルも予想されるなど、
インプラントにとって悪いことづくめと言えるでしょう。

たとえ埋入が成功したからと言って、それで終わりではありません。
細やかなメンテナンスや自分自身でもしっかり管理するという意識も大切です。
こちらhttp://www.cement-engineering.com/には、成功率などについて解説されています。とても参考になるサイトです。

しっかりと意識して成功させましょう。

Copyright(c) 2013 Encyclopedia of Implant All Rights Reserved.