Sample Image

一回法と二回法

事故やケガで大切な歯を失ってしまったり、虫歯が悪化してなくなってしまったり、
加齢によって唾液の分泌が少なくなることから歯周病になり、
歯が抜けてしまうこともあります。

乳歯から永久歯に生え変わった後は抜けても新しく生えてくることはありません。
だからこそ、歯を一生大切に使い続けなくてはなりません。

一本でも抜けてしまうと、力を加えるバランスが崩れ、
顔や表情がゆがんだり、老けてしまう原因にもなります。

さらに、抜けた部分から細菌などが繁殖しやすくなり、
歯周病や他の虫歯を増やす原因にもなります。

人目に触れやすいフロント部分が抜けてしまった場合は、
人前で笑う事や口をあけることも恥ずかしくなってしまいます。

昔から入れ歯などはありましたが、自然には見えず、
物を食べるのにも不自由な点が多々ありました。

本物の歯と同じように機能させて見た目も自然にしたい。

そういった願いから、『インプラント』技術は発展してきました。

長い歴史の中で様々な改良が加えられながら現在の高い成功率に至るのですが、
その手術方法には大きく分けて『1回法』『2回法』があり、
それぞれに特徴があります。

ここでは、それぞれのメリットやデメリットについて解説いたします。

一回法

『一回法』とは、外科手術が一回のみであることを指しています。

まず、歯茎を切り、あごの骨に穴をあけます。

そこにインプラントを埋入し、先の部分は歯茎から出しておきます。

アバットメントを装着します。

数か月間治癒期間を設け、
しっかりと結合されていたらアバットメントに人工歯をかぶせます。

まず、外科手術が一回のみという部分が大きな魅力です。
さらに、手術回数が少ないことから、費用も安くなります。

しかし、感染症になる確率が少しだけ高くなります。
また、結合具合は二回法の方が高まります。

二回法

『二回法』では、外科手術を二回行います。

まず、歯茎を切開し、穴をあけてインプラントを埋め込みます
ここで歯茎を閉じてしまいます。

数か月間治癒期間を設けます。
歯茎を閉じることによって一回法よりも強く結合されます。

二回目の外科手術で先の部分を露出させます。

人工歯を作り、装着して完了です。

しっかりと結合しすることが魅力です。
また、感染症に掛かる確率もより低くなります。

外科手術を二回行う事、費用が高くなることがデメリットです。
また、歯科インプラントの構造と特徴については、
こちらhttp://www.shastapedali.com/をご覧ください。

どちらを選ぶ?

現在では、一回法と二回法の差がそれほど大きくなくなっています。

さまざまな視点から考え、
自分にとってメリットが大きいと感じる方を選ぶと良いでしょう。

また、骨の高さなども関係しますので、
選ぶ際は信頼できる医師からのアドバイスを参考にすると良いでしょう。

こちらのインプラントのしくみについての記事も参考にご覧ください。
Copyright(c) 2013 Encyclopedia of Implant All Rights Reserved.