Sample Image

インプラントのデメリット

一見しただけでは本物と見分けがつかないほどインプラントの歯はリアルです。
それ故に、美容を意識している人やアンチエイジングにも最適とされていて、
その点をメリットに感じている人も少なくありません。

また、実際の食べ心地もナチュラルで違和感がないと言われています。
差し歯や入れ歯などとは異なり、アゴや他の歯への悪影響もありません。

素材はセラミックなどを利用するので半永久的な治療が可能です。

ただし、当然のことながら短所もあるということを頭に入れておきましょう。
そしてクリニック選びなどでは、如何にそのデメリットやリスクを減らせるか
というポイントがカギになってきます。

ここでは、それらのリスクやデメリットを整理してご紹介します。
治療を検討している人にとっては必須の項目になるでしょう。

費用が高い

第一に挙げられる短所としては価格面での問題です。
手術を受けることになるので価格が高くなりがちというのが難点です。

ネジを埋め込む際の作業には金額にして20万円程度のコストがかかりますし、
疑似歯には5万円程度の金額がかかることになります。

もちろん、金額についてはピンからキリまで様々です。
人工歯(アバットメント)は素材によって数十万円も値段に開きがあります。

さらに、ネジ(フィクスチャー)の埋め込みは骨の部分が健在でないとできません。
もし万全の状態ではない場合には骨を再生する必要があります。

この場合は規模にもよりますが、最大で数百万円もかかってしまうこともあります。
それだけの大がかりなことになるケースはめったにありませんが、
状況次第では、それだけ高額な治療になってしまうのです。

その点を十分に理解したうえで検討するようにしましょう。
こちらのサイトには、10年間保証のインプラント治療について解説されています。

医師の技量

成功と失敗の大きな鍵を握っているのは、言わずもがな「医師」です。
医者が手術に慣れているかどうか、腕前はどの程度かによって、
耐久年数が大きく変わってしまうというのも難点として挙げられます。

そして、当然のことながら医師の腕前にはばらつきがあります。
インプラントの手術を受けて成功するのには最寄の歯医者では済まないのです。

それ故に、実績のある技量が確かな医師を探す必要があります。
面倒ではありますが、十分に吟味する必要があるでしょう。

大切なのはクリニックごとに設定している金額に踊らされないことです。
安価に施術を受けられるところにいっても、耐久年数が少なくて、
結局のところ高くついてしまうという事も考えられます。

以上のようなデメリットをしっかりと踏まえたうえで検討をすすめましょう。

Copyright(c) 2013 Encyclopedia of Implant All Rights Reserved.