Sample Image

インプラントとは一体?

インプラントってなんでしょう?
最近では、巷で【インプラント】という言葉をよく耳にするようになりました。
しかし、これがどんなものなのかわからない人もいるでしょう。
大まかに言えば、これは歯科の治療技術の一つをさしています。

具体的には差し歯や入れ歯とは異なる【人工の模造歯】という表現が正しいでしょう。
前者よりも、より本物の歯に近いという性質を持っているのが特徴です。
見た目はもちろん、ものを噛む力や感覚がより実物に近いともいえるでしょう。
それゆえに、高い人気を誇っているわけですが、費用面などで不安を持つ方もいます。

基本的には、安全面は確保されていますが、それを維持するために、
一定の条件をクリアできないと手術を受けることができません。

ここでは、そういった基礎知識を詳細に解説していきます。
こちらのサイトにもインプラントについての正しい知識が載っていますので参考にしてください。

どんなことをする?

では、具体的には一体どのように治療をすすめていくのでしょうか?
そもそもインプラントは別名、人工歯根治療とも言われています。
日本では、この数年で一気にポピュラーになった手段であり、
人工の歯を失った部分に装着するという手段をとっています。

虫歯などで歯がなくなってしまった際、その根となる骨の部分にネジを埋め込みます。
そこに人口の歯を装着します。それだけのシンプルな手術ですが、
ネジを打ち込む骨がない場合は骨も人工的に模倣することになります。

最大の魅力としては、先述したようなリアルな見た目と噛み心地です。
隣の歯にダメージや負担を掛けないという点もメリットとして挙げられます。

ひとくちにインプラントといっても、
○ツーピース・インプラントシステム
○ワンピース・インプラントシステム
の二種類があるという事も頭に入れておきましょう。

これはネジ部分(フィクスチャー)と人口歯部分(アバットメント)の
構造によって異なるもので、さらにタイプを細分化することも可能です。

上記のパーツが別箇に用意されていて、連結されているものはツーピース。
パーツごとではなく、一体化しているものをワンピースといいます。

手術をうけるまで

手術を受けるまでの流れは骨の状態によって異なります。
ネジを埋め込む骨が健康な場合は即時荷重プロトコルという手法になります。
それに対して、骨に不安要素がある場合は通常荷重プロトコルというものになります。

この場合、手術を受けるまでに型を作ります。
その後に骨を作る手術を受ける事になります。
費用は数万円で済むこともあれば、規模が大きくなると数百万円もかかります。
詳細は、専門家である歯科医に聞いてみるのが一番かもしれません。
こちらのサイトhttp://www.dayioglu.net/にも、費用についてのついての詳しい解説ページがあります。参考になさってみてください。

Copyright(c) 2013 Encyclopedia of Implant All Rights Reserved.