Sample Image

どれくらい?インプラントの費用

インプラントという治療方法が最近では歯科分野で流行しています。
もちろん、流行しているという背景には、
使い勝手やメリットが多く感じられているという背景があるでしょう。
そんなメリットやデメリットをこのサイトでは紹介していきます。

魅力的な治療方法ではあるものの、誰にでも効き目があるかどうかはわかりません。
また、施術を受けられない人もいるというのが特徴です。
そういった場合には、異なる手段を講じなければいけません。

ここでは、条件をクリアして手術の資格を得た時どんな形で費用がかかってくるのか?
という部分や価格の相場などについての情報を解説しています。

そもそもインプラントは歯があった部分にネジを埋め込んで、
その上にアバットメントという人工の歯をかぶせるという手法です。

この際にネジ部分のことをフィクスチャーと呼ぶことがあります。
まずは、この段階で費用がかかってくることになります。

ネジ部分での費用とアバットメントの費用に加えて検査費用の費用と三段階でコストがかかります。

それぞれの費用は

フィクスチャーにかかるコスト相場はおおよそ十万円から三十万円程度です。
殆どの場合で20万円前後になるようです。
もちろん、クリニックや病院ごとに費用のかかり方は異なりますがインプラント費用の相場としてはこれくらいです。

しかし、ネジを打ち込むのはあくまでも「骨の部分」です。
その為、骨がなくなってしまっていると骨の代わりになる部分を作る必要があります。

そこで別途費用がかかってしまうこともあるので注意が必要です。
こうなるとコストが大幅に変わってしまいます。

アバットメントの費用は5万円から20万円までと幅があります。
価格差は人工歯の材質によって異なります。
セラミックの場合は比較的高額になることが多いようです。
結果として一本の歯に35万円程度の費用がかかることになります。

その後のアフターケアには5000円程度かかります。
これが年に数回あるという点は頭にいれておきましょう。
上記の相場を意識した上で、治療を検討すると良いでしょう。

医療費控除

これだけの高額になると、なかなか支払も大変になってしまいます。
そこで【医療費控除制度】が適用できるようになっています。

レーシック手術などにも適用されることでも知られていますが、
意外に役に立つシステムだといえるでしょう。

コスト削減の為にも、必ず忘れない様にしてください。
場合によっては費用の半分程度も還付されることがあるようです。

上記の内容を十分に理解したうえで、支払が可能かどうかを見極めましょう。

Copyright(c) 2013 Encyclopedia of Implant All Rights Reserved.